チロリアンテープとリボンの縫い方・付け方|手芸用リボン通販のチロル屋


チロリアンテープの縫い方 たてまつり縫い

チロリアンテープ・リボンの縫いつけ方

手縫い(まつり縫い)編

完成品のバッグやスモックのポケット口など、部分的にテープやリボンを手縫いで飾りたい時におすすの縫い方です。
お洋服や小物のワンポイントに、ちくちく縫いつけるだけで素敵にアレンジすることができますので、ぜひお好みのテイストのテープやリボンを選んでお楽しみください。

写真では「チロリアンテープ リネンフラワー・ホワイト」を使用しています。


チロリアンテープの縫い方 たてまつり縫い11.はじめにまち針でテープの両端と中央をとめ、その間をほぼ等間隔でとめます。縫い進める方向に対して直角にさします。


チロリアンテープ・リボンの縫い付け方 手縫い手順22.テープの両端を5mm(厚手のテープは1cm〜1.5cm)折りこみます。
バッグの口にぐるりと1周飾る時など「輪」の形に縫いつけたい場合は、最後にテープを重ね合わせるので折りこまなくても大丈夫です。


チロリアンテープ・リボンの縫い付け方 手縫い手順33.糸に玉結びをして縫いはじめます。
テープの裏から糸を出し、テープの際から針を入れて布地をすくい、少し先に針を出します。これを繰り返しますと、縦方向に小さな縫い目ができます。(たてまつり縫い)。
続けてテープの周囲を縫い留めていきます。

※写真では分かりやすい色の糸を使っていますが、実際はテープに近い色の糸をお選びください。


チロリアンテープ・リボンの縫い付け方 手縫い手順44.テープを「輪」に縫い付ける場合は、上になる方のテープ端を折りこみ、下のテープ端から少しずらして重ねます。
こうすることで、重なった部分の段差が少ない仕上がりになります。


チロリアンテープ・リボンの縫い付け方 手縫い手順45.テープの周囲を縫い留めたら、縫い終わりに裏側で玉どめをします。

チロリアンテープやリボンを使ったデコレーションなら、シンプルなバッグや衣装、市販の通園通学グッズなどを素敵にアレンジすることができます。
お好みのテイストのテープやリボンを選んで、ちくちくアレンジをお楽しみください。




■市販の通園・通学グッズのアレンジにおすすめ
星・どうぶつ・マリン柄チロリアンテープ バナー
■上質感のある大人かわいい作品づくりにおすすめ
アメリカ輸入リボン バナー
■エスニック・ネイティブ・オルテガ風がお好きな方におすすめ
幾何学柄布テープ バナー

>このページのトップへ
>ホーム

Category

 

お客様のハンドメイド作品集

チロル屋ショップブログバナー

チロル屋メールマガジン登録バナー

チロル屋フェイスブックページバナー

クレジット払いバナー

後払いバナー

スマートフォン・タブレットサイト